脱毛サロンが中心となって行われている光脱毛と脱毛ク


脱毛サロンが中心となって行われている光脱毛と脱毛クリニックが提供する医療レーザー脱毛で異なる点は、どういった機器を施術に使えるかにあります。
光脱毛の施術で照射する光の強さには一定の制限がありますが、医療レーザー脱毛においては、さらに威力を持った光を施術で使用することができます。これに支障がないのは資格を持った医師が「医療行為」として施術を行うことができるためで、レーザー脱毛の取り扱いが脱毛サロンでは見られないのはここに起因するのです。
稀なこととはいえ、脱毛施術の後に、施術を受けたところが炎症を起こすこともあります。それは、脱毛に使う機器の出力がその人の肌には高すぎたことです。
そうなってしまわないように、その利用者によってスタッフが出力の調節をしてから施術を行います。何度か施術をしていればその人の肌に合う出力での施術ができるようになる為、施術箇所が少しでもおかしいなと思えば、すぐに知らせるようにしてください。脱毛サロンでフェイシャル脱毛を受ける際には、施術してもらえる場所がどこなのかを細かく教えてもらってから契約するようにしてください。光脱毛は、黒い部分(メラニン)に反応する光を照射するため、目の周囲に施術することはできません。眉の周りに施術することもできません。
そのほか、ほくろ部分は凹凸に関係なく、またシミのある部分や、カミソリ負けは炎症の程度によって、また、炎症のあるニキビなども施術が受けられないでしょう。状態によって受けられることもあるので、来店予約がとれたら、なるべく肌のコンディションが良くなるよう気をつけておくのも大切ですね。
脱毛処理は目の周囲は行いませんのでメイクそのものは可能ですが、脱毛した部位はデリケートになっているため、メイクを落とすときの強いクレンジング剤の刺激で周辺の肌に影響することもありますので、メイクをするだけでなく落とすときのことも考慮した上で、ある程度のメイクに留めるようにしたほうが無難です。
メイクの有無によらず、こすったりするのは意外と刺激になりますので、水滴や汗などはタオルでそっと押さえるようにしましょう。
服用しているにしても塗布しているにしても、ステロイド剤の使用中は普通は脱毛サロンに施術を拒否されます。
ステロイド剤によって光を吸収しやすくなりますし、抵抗力が落ちてしまい、肌が刺激に対して過敏な状態になります。
そのままの状態で光脱毛を受けると、肌への色素沈着や火傷などが起こる危険性が増大するのです。
安心して脱毛を行うために、コンディションは正しくサロンに伝えておいてください。
昔からの脱毛法と光脱毛を比べると、痛みが少なく、肌への負担が軽い脱毛方法として人気があります。でも、お肌の性質は人それぞれ異なります。敏感肌の人は光脱毛の施術を受けると火傷みたいな状態になる時もあります。
さらに、日焼け後、光脱毛の施術をされると、ヤケドの症状があらわれやすいので、要注意です。
ニードル法による脱毛の場合、細いニードルを毛根内に直接差し込んで電流を流すので、施術の直後には赤みのある跡が残る事も少なくありません。でも、施術の後に脱毛箇所をしっかりと冷やすと翌日にはすっかり跡が消えている事が多いようなので心配する必要はありません。
時々、脱毛サロンで脱毛してもあまり効果を感じられないという声が聞かれたりもするのですが、大体において一度や二度の施術を受けただけの時点で驚くような効果が出る、ということはないのです。
3〜4回の施術を終えてからやっとはっきりした効果が見られたというケースが大多数で、つまりそれなりの時間がかかるわけです。
それに、脱毛サロンごとに施術用機器の違いや設備の差などもあるでしょうから、脱毛効果への影響も小さくないはずで、差が出るのはむしろ当たり前かもしれません。

コメントを残す