医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うかというと医療脱毛


医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うかというと医療脱毛は、医師や看護師によるレーザーを使った脱毛のことです。
永久脱毛を行うことができます。
脱毛サロンでは使用する機器自体が違い、医療脱毛で使う照射の際、強力な光の脱毛機器は使用が許されていません。脱毛サロンは医療脱毛と比較したとき効果自体は劣ってしまいますがその分、肌の負担も痛みも少なくて済みますから肌に優しい脱毛サロンの方を選択する方も少なくありません。
脱毛サロンへ行かずとも自宅ですれば、自分でしたい時に脱毛が行えるので、煩わしさがありません。
自己処理として剃刀を使うのが一般的ですが、地肌を傷めずに処理が楽になる別な方法として、脱毛剤を使う方法もあります。
技術の進展により脱毛にも、数多くの脱毛剤が販売されていて、毛を毛根から除去したり、溶かしたりするものがあります。
私の最近の悩みは、胸とお腹の脱毛ですが、全身脱毛をしようかと思ってしまいます。
ある部分だけを脱毛すると、他もやりたくなるよという友人の忠告もあり、それに今度の夏は海やプールにも行きたいというのもあり、なんといっても全身脱毛でしょうか。料金も気になるところですし、まずはいくつかの店舗を比較検討してみます。よく知られている方法ですが、脱毛サロンの掛け持ちは、脱毛費用を抑えるのには有効な方法です。それに、脱毛サロンによって得意にしている脱毛箇所というのがありますので、サロンを使い分けるようにすると手間と努力が必要ですが、仕上がりは文句のないものになるでしょう。
問題点としては、通うのに無理のない場所のサロンにしておかないと行くのが億劫になるものですから、掛け持ちで賢く脱毛しようとするならそういったことも考慮しましょう。
脱毛ラボでは月額制と一括とで自分に合った支払いを選べます。リーズナブルな料金もあってか最近、利用者数が伸びているサロンです。
ただ月額払いで利用した場合、脱毛が終わってきれいになるまでにある程度時間がかかるのが普通ですから、早さをとって、支払いを一括にするのもいいでしょう。また、ローコストな脱毛サロンなのでインテリアもシンプルですし、脱毛サロンは高級という先入観で行くとがっかりします。
価格に合った店だと思うことが大事です。
初めて顔脱毛をしてもらう際は、契約する前に、施術してもらえる場所がどこなのかを細かく確認するのが大切です。
ライトを照射するいわゆる光脱毛では、目を避けて施術します。これにはみなさんたいてい納得されますが、眉周辺の施術もできません。(眉の脱毛が可能なサロンでは光脱毛以外の方法で施術しています)メラニンの沈着が見られるシミやホクロ部分も、ダメージを避けるため、脱毛できません。
炎症のある部位、腫れているにきび、ふきでもの等の周辺も施術できないということになります。安全な脱毛方式ではありますが、ダメージを受けている肌にさらに負担をかけることを避けるための処置です。
脱毛処理は目の周囲は行いませんのでメイクそのものは可能ですが、脱毛した部位はデリケートになっているため、メイクを落とすときの強いクレンジング剤の刺激で周辺の肌に影響することもありますので、メイクをするだけでなく落とすときのことも考慮した上で、ある程度のメイクに留めるようにしたほうが無難です。メイクの有無によらず、こすったりするのは意外と刺激になりますので、水滴や汗などはタオルでそっと押さえるようにしましょう。私はvioの光脱毛にちょくちょく通っているのですが、敏感な部分なので、最初は緊張しました。
何回か行くうちに慣れて平気になり、ムダ毛が目立たなくなったり、生えてくるスピードがゆっくりになって効果に満足する事ができました。今は行って良かったと実感しています。脱毛を終えるまでこれから先も通い続けたいです。

コメントを残す